リハビリ専門学校で学べること

活躍できる場所

「理学療法士」も「作業療法士」も国家資格です。理学療法士の試験合格率を見ると、毎年だいたい70パーセント~80パーセントとなっています。また作業療法士の方もだいたい同じくらいの合格率です。リハビリ専門学校で学び資格を取得した後は、様々な場所で資格や知識を活かし活躍することができます。病院や専門病院、診療所、リハビリセンターなどはもちろん、老人保健施設などでも活躍することができます。他にも、教育や研究の道に進む方もいます。 問題を抱えた機能を以前のような状態へと近づけて行き、回復したその後に体と心を元気にしていく。作業療法士も理学療法士もなくてはならない職業です。機能を回復させる為には、もちろん技術的なことも必要なのですが、それだけは十分ではありません。不自由を抱えている人に寄り添い、一緒に前を向くことができるからこそ、回復へと導いていくことができるのです。 また、リハビリ専門学校の中には、他にも言語聴覚士などについて学べるところもあります。将来、自分がどのような仕事をしたいかによって、選ぶ学校も変ってきます。自分が学びたいと思うことが学べるかどうか確認してから、学校を決定するようにしてください。